PEGとは、Percutaneous Endoscopic Gastrostomyの略称で、何らかの理由で食物を経口摂取できない人の胃に数ミリの小さな穴を開け、そこにカテーテルを差し込むことで胃や腸へ栄養を補給させるルートを確保する手術のこと。日本語では「胃ろう造設術」と呼ばれる。