O157(オーイチゴーナナ)とは、病原性大腸菌の一種で、非常に強い感染力を持った病原菌。食物を介して人の体内に入り込むことで出血性の感染症を引き起こす食中毒菌の一種でもあり、他の食中毒菌に比べて少量の菌が体内に入っただけでも感染症を発症するということで、非常に危険性が高い。

低音や酸性には耐性を持つものの、熱には弱く75℃で1分間程度加熱することで殺菌することができる。