MRSA(エムアールエスエー)とは、Methicillin‐Resistant Staphylococcus Aureusの略で、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌のことを指す。MRSAは私達の肌や髪の毛にも付着している黄色ブドウ球菌の仲間で非常にありふれた性質を持っている菌であるが、黄色ブドウ球菌よりも抗生物質に耐性を持っており、感染すると投薬などによる治療が難しくなることがある。

感染した場合でも抵抗力がある場合は菌に対抗することができるが、抵抗力が弱った高齢者は髄膜炎、肺炎、腹膜炎、腸炎、敗血症などといった感染症を引き起こす可能性が高く、重症化すると死亡する可能性もある。ただ、黄色ブドウ球菌は基本的にそれほど強くない菌であるため無菌室が必要なくらい抵抗力が弱まらない限りは実害が及ぶことは考えにくいとされている。