MRI(エム・アール・アイ)検査とは、Magnetic Resonance Imaging(磁気共鳴画像)の略称で、磁石と電磁波を使って体内の臓器や血管を撮影する検査のこと。

MRI検査は様々な病気の早期発見・早期治療に有効な手段で、脳や脊椎、膝、肩、子宮、卵巣、血管などの検査に特に有効であると言われている。