CPR(シーピーアール)とは、CardioPulmonary Resuscitationの略称で、心臓マッサージ・気道確保・人工呼吸などの「心肺蘇生法」の総称。

人間の脳は呼吸が停止してから2分以内に心肺蘇生を開始した場合90%程度の救命率があり、時間が経過するほど救命率が低くなる。このため、バイスタンダー(現場に居合わせた人)によるCPRが行われるかどうかが救命率に大きく関わると言われている。