異食とは、紙やプラスチックのような食物とされていないものを食べてしまう行動のこと。認知症を発症した高齢者によく見られる症状だが、認知症患者でない場合もストレスなどにより異食行動が見られることがある。