拘縮(こうしゅく)とは、関節包外の軟部組織が原因でおこる関節可動域制限のこと。病気や怪我などを理由に長時間体を動かさない状態が続いたり、脳梗塞による片麻痺状態になったりすることで起こる症状。