悪性リンパ腫とは、リンパ球ががん化した悪性腫瘍のこと。発熱や盗汗、体重の減少などの症状を伴うことがあり、腫瘍が増大して臓器が圧迫された場合には血流障害や麻痺のような緊急治療が必要な状態になることもある。