安楽死とは、人に苦痛を与えずに死に至らせること。

日本では、以下のいずれかの場合を満たす場合には容認されているが、基本的には安楽死を容認しないスタンスをとっている。

  • 患者本人の明確な意思表示がある(意思表示能力を喪失する以前の自筆署名文書による事前意思表示も含む)。
  • 患者本人が事前意思表示なしに意思表示不可能な場合は、患者の親・子・配偶者などの最も親等が近い家族(より親等が遠い家族や親戚は親等が近い家族に代わって代理権行使できない)の明確な意思表示がある。

他者(医師など)による安楽死を認めている主な国家は以下の通り。

  • スイス
  • アメリカ
  • オランダ
  • ベルギー
  • カナダ
  • 韓国