嚥下障害とは、食べ物を飲み込むという行為(嚥下)が疾患などの理由によってできなくなること。

食べ物を飲み込むためには、

  1. 舌によって食べ物を口腔から咽頭に送る
  2. 食べ物を咽頭から食道に送る
  3. 食道の蠕動(ぜんどう)運動により食べ物を胃まで運ぶ

といった動作が必要になるが、一連の流れの中で多くの器官が関わっており、これらいずれか一つでも障害を受けることによって嚥下障害が起こることもある。

嚥下障害を持ったまま食べ物の経口摂取を行っていると、肺などに異物が入ることによって炎症を起こすこともあるため、胃ろうや気管カニューレの装着が必要になる。