介護給付とは、要介護認定を受けた要介護者が介護サービスを利用した時に介護保険から支払われる保険給付のこと。

介護給付金額は要介護度や要介護者の収入ごとに決まっており、通常、要介護度が高く収入が低いほど介護給付は多くなり、最大介護サービス利用料の9割まで介護給付が支給される。

なお、要介護度別に支給限度額というものが設定されており、この金額を超えて介護サービスを利用した場合、全額自己負担となる。