介護報酬とは、介護保険が適用される事業を営む事業者に対して支払われる報酬のこと。介護保険が適用されるサービスは、原則として利用者は1割~3割の金額負担で利用することができるが、これは残りの7割~9割を保険者(市町村)が負担しているからである。介護報酬とは、この自治体などから支払われる9割分の対価のことを指す。