介護休業制度とは、労働者が要介護状態にある家族を介護するために、会社に対して一定期間の休業を申請できる制度。

対象家族1名につき3回まで、通算93日間の休業を与えることが事業主の義務として法律で明記されており、事業主は限度を超えない労働者の申し出を拒否することはできない。また、介護休業を取得したことを理由に労働者にとって不利益になる降格や解雇をした場合には、厚生労働省によって企業名が公表や、20万円以下の過料という罰則がある。