介護予防サービスとは、主に要支援1~2の65歳以上の高齢者が要介護状態にならないように、あるいは要介護状態になる年齢を遅らせることを目的として行われる介護保険対象のサービス。