介護タクシーとは、要介護者や体が不自由な人が通院などで外出する際に利用するためのタクシーのこと。介護保険適用サービスになるが、適用のためには以下のような条件がある。

  • 要介護1以上の要介護認定を受けている
  • 公共の乗り物に一人で乗車することができず、担当ケアマネジャーが必要であると判断し、ケアプランの一つとして取り入れられている

また、保険適用内となる利用用途は以下のようなもの。

  • 通院
  • 選挙や税金の支払いなどの公的な手続き
  • 金融機関の手続き、引き落としなど
  • 入所予定の介護施設などの見学

上記以外のケースであっても、全額自己負担になるが利用することは可能。上記に含まれるものを「介護保険タクシー」、含まれないものを「ケアタクシー」や「福祉タクシー」と区別して呼称することもある。