下血(げけつ)とは、消化器官内の出血などが原因で肛門から血が出ること。口腔から直腸まですべての消化器官が出血源となり、便とともに血が排出されることもある。血が混ざった便は赤黒くなることがあり、これは黒色便、タール便などと呼ばれる。