上乗せサービスとは、介護保険において、要介護認定度ごとの支給限度額を超えて介護サービスを利用した場合に、市区町村自治体が独自の判断でサービスの利用回数や利用時間を増やす(上乗せする)こと。つまり、自治体が独自の判断によって、介護保険の支給限度額を上乗せすること。