一般浴とは、自立した人が浴槽を利用して入浴すること。一般浴では介護士は洗髪や背中を流す程度の介助しか行わない。なお、身体機能に不安がある人はリフトを使った中間浴、座りながら、あるいは寝ながら入浴をする機械浴を行う。