ワクチンとは、感染症の予防に用いる医薬品のこと。病原体を無毒化、あるいは弱毒化し、体内に投与することで病原体に対する抗体の生成を促すことで感染症に対する免疫を獲得することができる。