ユマニチュードとは、イヴ・ジネスト氏とロゼット・マレスコッティ氏によって1979年に考案された高齢者ケアの技法。その手法は「見る」「話す」「触れる」「立つ」という4つの基本とした包括的コミュニケーションに基づいている。