ユニットケアとは、介護スタッフや同じく要介護状態にある人々と共同生活を送りながらケアを行うという介護手法の一つ。小規模な施設の中で要介護者の自宅と親しい環境で生活することで、一人ひとりの生活リズムや個性に応じて介護をしていくことができるため、要介護レベルが高い高齢者向きの介護手法であると言われている。