モニタリングとは、介護の現場において、ケアマネジャーなどが作成したケアプランがしっかりと運用されており、有効な状態かどうかということを確かめること。策定したケアプラン通りに介護サービスが提供されているか、利用者の健康状態が変化することで、追加で必要なケアはないかなどを月に1回の頻度でチェックし、必要に応じてケアプランの変更をすることで、QOLの向上を図るものである。