ヒヤリハットとは、医療や介護の現場において、重大な事故にはつながらなかったものの、一歩間違えば事故になっていたかもしれないというエピソードや出来事のこと。