パーキンソン病とは、脳のドパミン神経がなくなることによって手足の震え、動作緩慢、筋固縮、歩行障害などの症状を引き起こす進行性の病気。

原因はよく分かっておらず、一度発症すると治癒しない。介護保険における特定疾病対象の病気。