バリデーションとは、認知症の高齢者とコミュニケーションをとるための手法のひとつ。感情の表出を促すような会話のテクニックを用いることで、認知症患者の感情と向き合い、信頼関係を築いていこうとするもの。