チアノーゼ(独:Zyanose)とは、血中の酸素が欠乏することによって皮膚や粘膜が青黒くなること。肺や心臓の病気を患っていると血中の酸素レベルを低下させ、チアノーゼを引き起こすことがある。