スピーチロックとは、言葉によって他者の行動を抑制すること。例えば、「ちょっと待ってください」といったような言葉は捉え方によっては「身体拘束」にもなり得るため、介護現場ではスピーチロックにならないような言葉遣いが求められる。