シルバーハウジングとは、高齢者の自立した日常生活を支える公的な賃貸住宅のこと。施設はバリアフリー化がされており、緊急通報装置や生活相談員が配置されているため、高齢者は安心して日常生活を送ることができる。一方で基本的に自立した生活ができる高齢者を対象とした施設であるため、要介護状態が高くなると外部サービスの利用を余儀なくされたり、退去しなければならない場合も少なくはない。