シャントとは、血液が本来通るべき血管と別ルートを流れる状態のこと。また、血液透析を行う際に動脈と静脈を体内または体外で直接つなぎ合わせた血管のこともシャントといい、この治療のことをシャント法と呼ぶ。