サービス付き高齢者住宅(サ高住)とは、民間の事業者が運営するバリアフリーや生活支援機能が施された高齢者向けの賃貸住宅のこと。

サ高住では、定期巡回による見守り、生活相談員による生活支援のアドバイスなどのサービスが提供されており、有料老人ホームなどに比べて介護サービスはそれほど手厚くない。このため、どちらかといえば自立した、要支援1~2の高齢者を主な対象とした施設であるといえる。

一方、要介護レベルが高くなっても外部サービスを利用しながらサ高住で生活することも可能であったり、手厚いサービスを提供する事業者も出てきていることから、国が推進する「地域包括ケアシステム」の中核を担う施設として全国で設立が進んでいる。