ウイルス性肝炎とは、肝炎ウイルスが原因の炎症性疾患のこと。ウイルス性肝炎には、以下の種類が存在している。

  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • C型肝炎
  • D型肝炎
  • E型肝炎
  • F型肝炎
  • G型肝炎
  • TT型肝炎

発展途上国などではE型肝炎なども見られるが、日本国内で見られるウイルス性肝炎はほとんどがB型肝炎(HBV)とC型肝炎(HCV)であり、これらは血液を介して感染することで知られている。

症状が進行すると肝硬変や肝がんなどに発展するため、早期発見が重要であるとされているが、ウイルス性肝炎に感染しても自覚症状が現れず、ウイルスの潜伏期間が非常に長いため、気づかないうちに病気が進行しているケースが多い。