インターペンションとは、社会福祉援助において、援助者が利用者の発する危機信号を察知し、速やかに対応していくという危機介入のこと。