インスリンとは、ペプチドホルモンの一種で、膵臓のランゲルハンス島という組織にあるβ細胞でつくられるもの。体内の血糖を取り込んでエネルギーに変換したり、タンパク質の合成や細胞の増殖を促す役割を持っている。

インスリンは通常、食後などの血糖の上昇を膵臓が察知して分泌されることになるが、分泌されるインスリンが少なかったりその機能が弱っていると血糖値が高い状態(高血糖)が続く。この状態のことを糖尿病と言う。