アドレナリンとは、副腎髄質から分泌されるホルモンの一種類。アドレナリンは緊張や興奮によって増加することが知られており、増加すると血糖値や血圧の上昇・心拍数増加を引き起こす。

アドレナリンは止血剤や強心剤などにも利用されるものであるが、過剰投与によって死亡することもある。