アドボカシー(Advocacy)とは、認知症や加齢によって認知機能が低下したり、寝たきりになって意思表明ができない人たちのために、代理人が要介護者の自己決定をサポートしたり、権利を代弁したりする活動のこと。ここで言う代理人はアドボケイト(Advocate)と呼ばれる。