アウトリーチ(Outreach)とは、介護が必要な状態であるものの、積極的にサービスを利用しようとしない人たちに対して、支援者のほうから働きかけて介護サービスや福祉サービスの利用を促そうとするものである。アウトリーチという活動は社会福祉士や精神保健福祉士によって行われることが多い。