老人ホーム・介護施設を探すなら
介護保険攻略ガイド お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

ささみの白和えがけ

暑くなる時期は体力が落ちないよう、良質なたんぱく質をしっかり取りましょう。ささみと豆腐はどちらも良質なタンパク質を多く含んでいます。貧血予防のほうれん草を合わせれば、夏のおかずにぴったりです。柔らかく茹でたほうれん草の白和えをささみにからめて食べます。それぞれにも味が付いていますので、ささみだけ、白和えだけをいただくこともでき、一皿で3度おいしい一品です。
分類
副菜
調理時間
15
カロリー
128

材料(1人前)

ささみ

60g

絹ごし豆腐

60g

ほうれん草

60g

すりごま

小さじ1

片栗粉

小さじ1

小さじ2

<調味料(a)>

砂糖

小さじ1/2

しょうゆ

少々

ひとつまみ

だし汁

75cc(大さじ5)

つくり方

ほうれん草は水洗いします。株元に土がのこらないよう根元はしっかり洗ってください。ささみは筋を取り、火が通りやすいように一口大に切り、開いて厚みを薄くして置きます。豆腐は水きりをしないでそのまま使います。

ささみに、だし汁大さじ2を振りかけ、レンジに1分30秒(600W)かけます。火が通っていなければ、ささみの中と外を入れ替え、追加で30秒レンジにかけてください。生の部分がないかしっかり確認しましょう。

ほうれん草を柔らかく茹で、よく絞って、細かいみじん切りにする(縦横に包丁を入れ、ごく細かいみじん切りにしてください)。豆腐と合わせ、(a)の調味料を入れ、豆腐をつぶすように、手でよく混ぜる。

ささみをミキサーにかけ、細かくします。鍋にささみと、だし汁大さじ3を入れ火にかけます。沸騰したら、一旦、火を止め、水溶き片栗粉を加え火をつけて、ささみがまとまる程度まで混ぜます。器に取り、食べる直前に白和えのほうれん草を盛りつけ、すりごまを振りかけます。

料理の
ポイント

このレシピの3つの食材「ささみ、豆腐、ほうれん草」は、優れた点が多い食材です。
ささみは脂質が低く良質なたんぱく質が取れる優秀な食品。ビタミンB群をバランスよく含有しています。筋を取るのが少々面倒ですが、介護食の材料として多用したい食材の一つです。
白和えは、食でリラックスしていただけるような優しい口当たりになるように水を切らず、絹ごし豆腐をそのまま使いました。水分を多く含んでいますので、早く盛り付けると水分が出て、見た目がとても悪くなります。食べる直前に盛りつけてください。
豆腐は機能性食品と言われ、健康維持などの様々な良い効果が期待できます。
ほうれん草は、鉄分を多く含み、赤血球を作ります。貧血予防に効果的な食材です。

3点/ 5.0点(1件の評価)

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop