老人ホーム・介護施設を探すなら
介護保険攻略ガイド お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

ハモと豆腐の一口団子、和風野菜スープ

夏になると登場するハモは白身であっさりとした魚です。 豆腐とハモを団子にして、ハモの上品な味わいが口に広がる柔らかい料理にしました。骨が気にならないように、フードプロセッサーで滑らかにするのがコツです。 野菜はあり合わせのもので大丈夫です。団子の周りに付ける片栗粉で、煮込んでいるうちにとろみが付きます。薄味でハモとスダチの香りを味わって頂きたい一品です。 季節を感じながら食べられる柔らかメニューをご紹介いたします。
分類
主菜
調理時間
20
カロリー
186

材料(1人前)

ハモ

70g

豆腐

80g

片栗粉

小さじ1/2

ニンジン

30g

マイタケ

1パック

だし汁

200cc

しょうゆ

小さじ1

料理酒

小さじ1

みりん

小さじ1/2

スダチ

少々

つくり方

野菜はみじん切りにします。豆腐はレンジにかけて水気を切ります。

ハモを数枚に切り分けたものと、酒小さじ1とみりん小さじ2/1を入れて、フードプロセッサーを回します。途中、周りに着いた場合はヘラでこそぎ落として、再び回します。滑らかになるまで3~4度繰り返します(ハモの皮は細かくならず残りますので、後ほど取り除きます)。

ハモをボウルに移し、皮を取り除きます。手で小さく崩した豆腐を入れ、片栗粉を小さじ1/2入れます。滑らかになるまでよく混ぜ合わせます。こね上がったものを5等分し、やや平たい円形に丸め、薄く片栗粉をまぶします。

だし汁の中に、みじん切りにした野菜を加え沸騰したら、ハモと豆腐の団子を加え、中~弱火で5分煮ます。団子の片栗粉がとろみを付けますので、火加減が強いと焦げるため、注意してください。器に盛り、スダチの皮をすり下ろして散らします。

料理の
ポイント

ハモは関西ではなじみのある食材で、夏が近くなると、骨切りしたハモがスーパーの魚売り場に並びます。美味しく食べるポイントは上手な骨切りのハモを選ぶこと、新鮮なハモを選ぶことです。ハモは骨が多いため、骨切りをしてあるのですが、介護が必要な方に食べていただく場合は、口あたりを確認することも必要だと思います。豆腐とハモの団子では、ハモをペースト状にするので骨は気になりません。団子は舌でつぶせる堅さですので、あり合わせの野菜をみじん切りにして、絡めて食べて頂きたいと思います。味は薄味ですので、だしをしっかり目に取る、もしくはお好みで塩を足して調整してください。召し上がる前に、スダチを絞っていただくと柑橘の香りが食欲をそそります。ハモは生命力の強い魚ですので、中国では薬膳にも使われることがあるそうです。これから迎える暑い夏に備えるのに、ぴったりの魚です。


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop