老人ホーム・介護施設を探すなら
介護現場の事故 お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

口腔清拭の方法

口腔内の汚れを取り除く

最終更新日2019年06月19日09:49

在宅介護で疎かになりがちな口腔ケア。キチンと口腔清拭をしないと、お口の中の汚れを放置することになり、口腔カンジダ症や誤嚥性肺炎を発症させてしまう可能性が高くなります。お口の中は家族でも他人には見られたくない範囲なので、キチンとした口腔清拭ができずに悩んでいる方もいらっしゃるかと思います。できる範囲で良いので口腔内の汚れをガーゼや歯ブラシを使って取り除き、清潔さを保つようにしましょう。

所要時間 10分
必要なもの 毛先の細い歯ブラシ
使用する道具 ガーゼ

お口を開いたとしても作業は難しい!!

口腔清拭は、歯を拭いたり歯ブラシでブラッシングしたりすることです。簡単そうなイメージを抱いてしまいますが、注意をしないと指を噛まれたり、口腔内の粘膜を傷つけてしまったりする場合もあります。

口腔清拭の方法

1.利き手の人差し指にガーゼを巻きます

ガーゼを指に巻く
このとき、ガーゼを厚めにしすぎると口腔清拭をしにくくなりますが、薄すぎると指を噛まれたりした時に痛いため、ちょうど良い厚さにします。

2.ガーゼに水またはカテキン水をつけます

ガーゼに水をつける
この時にガーゼから水分が垂れ落ちない程度にガーゼを絞って水分を落としましょう。水分を含ませすぎると誤嚥を招く恐れがあるからです。※水ではなく緑茶も除菌効果が期待できます。

3.頬の粘膜→歯茎→歯の順番で口腔内の汚れを取り除く

口腔内の汚れを取り除く
頬の粘膜→歯茎→歯の順番で口腔内を湿らせて食べ物のカスや汚れを取り除いていきます。

歯ブラシを使用する場合


できるだけ毛先がやわらかい歯ブラシを用意しましょう。硬すぎるものは口腔内を傷つけてしまう恐れがあります。


ブラッシングは、小刻みに動かしながら歯の汚れを落としていきます。歯と歯の間や歯のつけ根部分など見落としやすい部分には要注意です。

注意点

  • お口の中の清拭ですので、誤って指を噛んでしまう場合があります。開口用の用具を使ったりしましょう。
  • ガーゼで口腔清拭をする際、家族でも衛生面から使い捨ての手袋を使用しましょう。

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop