老人ホーム・介護施設を探すなら
親が認知症になったら? お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

口腔ケアの方法

口腔ケアとは?

高齢者の介護でよく耳にする“口腔ケア”。その目的は、「誤嚥性肺炎」「口腔の乾燥」「口腔機能の低下」を予防することです。口の中は細菌が繁殖しやすい場所で、高齢者の口腔内は加齢とともに変化しています。口腔ケアを怠ると健康に大きな影響を与えてしまうので、“口腔ケア”についてイラストを使って解説していきます。

口腔ケアの方法

起き上がることができる高齢者には歯ブラシを使って口腔ケアを行います。

  • 歯ブラシを使ったケア
  • スポンジを使ったケア
  • 口腔洗拭の方法
  • うがいの方法
  • 入れ歯の扱い方
  • 舌プラーク除去の方法
  • image01

    1 ガーゼを巻きつけた割り箸を奥歯に噛ませます。役割として、口腔ケア最中に口を閉じる、 歯ブラシを噛んでしまう、指を噛んでしまうなどをさせないためです。 また、口腔ケアをスムーズすることで、要介護者のストレス軽減にも繋がります。 ガーゼを巻き付けた割り箸は、怪我のそれがあるので、作業中は片手を添えておきましょう。 更に詳しく

  • image01

    2 歯ブラシは鉛筆をもつような握り方をしてみましょう。最初に、下の歯の裏側から磨きます。力任せに強く磨くのではなく、優しく歯ブラシを揺らすように歯に当ててください。汚れが溜まりやすい凹凸は特に念入りに行いましょう。 更に詳しく

  • image01

    3 次に上の歯の裏側を磨きます。こちらも凹凸に注意をして、汚れを落とします。一度に磨く本数は1~2本にして、丁寧に行うことを心がけましょう。作業が終わりましたら、磨き残しや汚れがないか、出血の有無など口腔内を確認してください。 更に詳しく

  • image02

    1 口腔内が乾燥している場合は保湿剤や人工唾液を塗布します。
    ※保湿剤とは口腔内に潤いを与えるジェルのことで口臭予防にも効果にも期待です。 更に詳しく

  • image02

    2 スポンジブラシに水をつけて軽く絞ります。口腔内へ挿入する時、奥に入れすぎると要介護者が苦しくなるので要注意です。 更に詳しく

  • image02

    3 頬と歯茎の間から清掃。口の奥から手前にスポンジブラシを動かすようにします。 更に詳しく

  • image02

    4 頬の内側に付着している汚れや歯の表面、歯茎などについている汚れはガーゼで優しく拭き取ってあげます。この時に指を噛まれないように注意しましょう。 更に詳しく

  • image02

    5 この作業を左右の頬でおこないます。常に清潔を保ちながらケアすることが大切です。衛生面から、スポンジブラシの汚れを洗う用の水と、湿らす用のお水を用意してください。 更に詳しく

  • image01

    1ガーゼを使用する場合:利き手の人差し指にガーゼを巻きます。 更に詳しく

  • image01

    2ガーゼに水またはカテキン水をつけます。この時にガーゼから水分が垂れ落ちない程度にガーゼを絞って水分を落としましょう。水分を含ませすぎると誤嚥を招く恐れがあるからです。※水ではなく緑茶も除菌効果が期待できます。 更に詳しく

  • image01

    3頬の粘膜→歯茎→歯の順番で口腔内を湿らせて食べ物のカスや汚れを取り除いていきます。 更に詳しく

  • image01

    4歯ブラシを用意します。できるだけ毛先をやわらかいものを選びます。 更に詳しく

  • image01

    5ブラッシングは、小刻みに動かしながら歯の汚れを落としていきます。歯と歯の間や歯のつけ根部分など見落としやすい部分には要注意です。 更に詳しく

  • image01

    1コップに水を適量入れます。 更に詳しく

  • image01

    2頭を若干、前屈させます。高齢者のうがいで重要なポイントで、頭を前屈させることで誤嚥を防ぐ意味合いがあります。 更に詳しく

  • image01

    3水を口に含んで頬が膨らむようにして、左右交互にブクブクうがいをしてもらいます。 更に詳しく

  • image01

    4半側麻痺で寝たきりの状態の場合は、セミファーラー位かつ患側仰臥位にすることで誤嚥リスクを軽減することができます。半側麻痺で寝たきりの状態の場合は、セミファーラー位かつ患側仰臥位にすることで誤嚥リスクを軽減することができます。 更に詳しく

  • image01

    1お口の粘膜と吸着している入れ歯を外す際には、左右どちらかを浮かせて空気を入れることでカパっと外しやすくなります。入れ歯が大きく、お口から出しにくい場合は、お口周りのマッサージなどしてあげましょう。 更に詳しく

  • image01

    2クラスプとは、歯にかけるバネの部分で、部分入れ歯についています。部分入れ歯を外す際は両側のクラスプ部分に両指を引っ掛けて、両手同時に力を入れて部分入れ歯を外します。この時、無理に力を入れたりすると、左右の歯やお口の中に傷をつけてしまったり、入れ歯自体が破損してしまう恐れがあるので、少ない力で外すことを心がけましょう。 更に詳しく

  • image01

    3入れ歯の表面に付着している汚れをとるには入れ歯専用のブラシを使用しましょう。一般的な歯ブラシは毛先が硬いため、入れ歯に細かな傷をつけてしまう恐れがあります。 更に詳しく

  • image01

    4市販の入れ歯洗浄剤を使用して洗浄しましょう。入れ歯洗浄剤には除菌や消臭効果があり、入れ歯清掃の補助器具として有効です。 更に詳しく

  • image01

    1歯ブラシ同様に舌ブラシへ水をつけます 更に詳しく

  • image01

    2口腔内が乾燥している場合は要介護者に水を適量含ませるなどして湿らせましょう。 更に詳しく

  • image01

    3舌の表面に白い付着物があればそこを中心に清掃します。この時に強い力で磨かないようにしましょう。味を感じる味蕾を傷つけてしまうことがあります。 更に詳しく

  • image01

    4このとき舌の奥側から手前にかけて舌ブラシをゆっくり動かします。舌ブラシを奥に入れすぎると嘔吐反射を招く場合があります。 更に詳しく

  • image01

    5前後方向へ2〜3回動かしたら一度舌ブラシを洗い、再度ブラッシングをします。これ2回ほど繰り返して終了です。やりすぎると味蕾を傷つける原因となりますので、注意しましょう。 更に詳しく

正しい口腔ケアのチェックポイント

歯の磨き方編

うがい編

入れ歯編

なぜ正しい口腔ケアが必要なのか?

口腔ケアは唾液の分泌を上げる

高齢になると、唾液の分泌量が下がります。唾液は口内の菌を除菌する効果があるため…

更に詳しく

嚥下性の病気を予防する

高齢になるとともに食事にかかる時間が長くなったと感じることが多いのではないでしょうか。…

更に詳しく

認知症を予防する

2011年に神奈川歯科大学の社会歯科学講座歯科医療社会学分野が日本福祉大学と共同研究した結果、歯の喪失と認知症リスクの関係性について研究結果を発表しました。…

更に詳しく

感染症を予防する

高齢者は大きく分けて、自立して生活している高齢者と、介護が必要な高齢者に分けることができます。…

更に詳しく


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop