老人ホーム・介護施設を探すなら
介護うつにならないために注意しておきたいこと お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

老人ホームとケアプラン

老人ホームとケアプラン

介護保険を使った介護サービスを受ける際、ケアマネージャーが作成したケアプランが必要です。老人ホームで介護サービスを受ける際も例外ではなく、老人ホームでケアプランの作成が行われます。老人ホームでは、介護保険を受ける目的だけではなく、入居者様が快適な暮らしを送るためにスタッフが共有すべき情報としての役割もあるので、ケアプランの存在、ケアプランを作ることは重要な存在だといえます。

ケアプランとは

ケアプランとは、居宅介護、施設介護で介護保険を利用した介護サービスを利用する際に必要なものです。要支援認定、要介護認定を受けると介護保険を利用した介護サービスを受けることが可能になりますが、どのような介護サービスがその人にとって必要なのか“介護の計画書”を提出する費用があります。この計画書が『ケアプラン』なのです。ケアプランは介護の専門家であるケアマネージャーが作成する場合と、個々人が作成する場合があります。ケアマネージャーがケアプランを作成する際は、介護保険が適応するので、ケアプラン作成に利用者の自己負担はありません。

実際に老人ホームでケアプランはこのように使われる

では、老人ホームではケアプランはどのように使われるのでしょうか?ケアプランは、介護スタッフが入居者様がどのようなケアが必要なのか知る手段としても利用します。実際に介護をするとなると、入居者様への理解を深める必要があり、その道標として使うわけですね。ケアプランの中には、スケジュール表なども入っており、お一人おひとりに適したケアをするには欠かせないものです。

ケアプランの様式

ケアプランの様式にはこれといって決まったものはありません。居宅介護なら居宅介護、施設介護なら施設介護とそれぞれの介護に合わせた書き方をします。 居宅介護であれば、自宅もしくはサービス付き高齢者住宅、住宅型有料老人ホームなどが該当し、施設介護であれば、介護付き有料老人ホームやグループホームなどが該当します。 それぞれのケアプランの様式を詳しく見ていきましょう。

居宅介護のケアプラン様式

居宅介護のケアプラン様式

居宅介護のケアプラン様式

上記は居宅介護のケアプラン様式の一例です。居宅にまつわる内容となるので、自宅における生活援助状態なども含まれています。ケアプランを作成する事業所やケアマネージャーによって様式は変わるので、ケアプラン作成時にどのようなことを記載するのか確認しておきたいところです。

施設介護のケアプラン様式

施設介護のケアプラン様式

施設介護のケアプラン様式

上記は介護付き有料老人ホームなどで使われる施設介護のケアプラン様式です。施設によっては、介護職員が利用者様とどのように接すれば良いのかなど、居宅とことなり常に接することとなるので、接し方などの情報も記載することもあります。こちらも居宅介護同様にケアプランにはどのような情報が記載するのか把握しておいたほうが良いでしょう。

ケアプランの作成はどこで誰が作るの?

介護サービスは大きく、自宅で受ける居宅介護と老人ホームなどの施設で受ける施設介護の2種類に分かれます。どこで介護サービスを受けるのかでケアプランの作成は変わってくるのです。

居宅介護の場合は、居宅介護支援事業所、地域包括支援センターに所属するケアマネージャーもしくは利用者、利用者家族がケアプランを作成します。ケアマネージャーを利用する場合は、ケアマネージャーと利用者、利用者家族との面談があります。ケアマネージャーは、その情報を元に、ケアプランの原案を作成するのです。最近では、独立系のケアマネージャーなどもいますので、ケアマネージャーと合わない場合は、変更することができます。

施設介護の場合は、介護保健施設、有料老人ホームなどに所属するケアマネージャーがケアプランを作成します。居宅介護と違って、ケアマネージャーは施設に入居している利用者との距離が近いので、施設の介護職員、看護師などと連携をしながらケアプランを組み立てていきます。

そもそもケアマネージャーの役割とは

ケアマネージャーとは、ケアプランを作成することが主な仕事とする職業です。ケアマネージャーになるためには介護スタッフとして実務5年以上働いていないといけません。資格取得後も研修を受ける必要があり、ハードルが高い職業となります。
しかし、ケアマネージャーの中には、対応が合わない方などもいますので、入居者様が納得するまで十分に説明するか、現場の状況をよく知っているか、入居者様、入居者様ご家族の意向をじっくりと聞いてくれるのかなどを判断基準として良いケアマネージャーを見つけてみましょう。

セルフケアプランとは

ケアプランは、ケアマネージャーを通さずに利用者本人、利用者家族が作成することが可能です。これを「セルフケアプラン」といいます。ケアマネージャーが行う作業を利用者本人、利用者家族が行う必要がありますが、自分たちで考えたケアプランを作ることができます。

セルフケアプランを作るためには、居住している市町村の窓口にセルフケアプランを作ることを伝えます。そこで、提出に必要な書類を入手できるので、現在の状況やどのような問題があるのか、サービスは何を利用するのかを確定して、ケアプランを作ります。

ケアプラン作成に費用はかかる?

ケアマネージャーにケアプランを作成してもらう時、考えてしまうのがケアプラン作成の費用です。ケアプラン作成費用は、全額が介護保険給付となるので、利用者の負担はありません。
これは、居宅介護で居宅介護支援事業所所属のケアマネージャーを利用する場合はもちろん、老人ホームや介護保険施設などの施設介護で施設所属のケアマネージャーを利用する場合も同様です。

ケアプラン作成の流れ

ケアプラン作成の流れ

ケアプランは基本的にケアマネージャーが、入居者様の現状を把握して作成するもので、原案を作成したあとに主治医や介護スタッフ、入居者様ご家族を交えた担当者会議で内容を決めていきます。最終的には、入居者様ご本人、入居者様ご家族の許承諾の元で、ケアプランが完成し、ケアプランを元にした介護サービスが開始します。

ケアプラン作成時の注意点

ケアプラン作成時の注意点

居宅介護、施設介護共に、作成したケアプランは実行する前に見直しをすることをオススメします。完成したケアプランを元に介護サービスを開始しますが、想像していたものと違った介護サービスになる可能性もあり、内容の不備により認識の相違があった場合は再度、ケアプランを作り直す必要性がでてきます。
また、ケアマネージャーとの相性もあり、担当するケアマネージャーによっては、利用者や利用者ご家族が満足できないケアプランを提示する場合もあります。

ケアプラン作成時には下記のポイントに注意しておきましょう。
  • ・利用者が必要としているサービスが入っているか
  • ・必要としている介護サービスの価格が利用者の自己負担額を考慮しているか
  • ・利用者や利用者家族の意向はきちんと反映されているか
  • ・ケアマネージャーの考えが強く、押し通そうとしていないか

積極的に担当者会議に参加しよう

ケアプラン内容を決める担当者会議は入居者様の介護サービスの今後を決めるものです。そのため、ご入居者様のご家族様も積極的に担当者会議に参加することは望ましいと言えます。
しかし、実際の現場では、ご入居者様のご家族様とケアマネージャー、介護施設のスタッフなどと時間が合わず、一同に揃うことはなかなかありません。また、ご家族様もプロに任せるなどと言ったケアマネージャー、介護施設のスタッフに全てをお任せする傾向が強いので、介護サービスの認識相違なども含め、できるだけ担当者会議には参加しましょう。

実際に現場で働く介護福祉士からみたケアプラン

実際に現場で働く介護福祉士からみたケアプラン

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop