老人ホーム・介護施設を探すなら
介護保険攻略ガイド お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

「歯が弱い家系」って本当にあるの?昔の世代における大家族が関係?

最終更新日2019年07月09日12:51

高齢者の方でよく聞くのが「うちは昔から歯の弱い家系だった」という言葉です。現代では、医療の進歩によって「ガン家系」や「脳血管疾患家系」など一族的に集積しやすい疾患の有無についてわかるようになってきました。その中で、「歯の弱い家系」という言葉はあまり聞いたことがないのではないでしょうか。そこで、今回は「歯の弱い家系」という家系について実際にあるか調べてみました。皆さんの家系は歯の強い家系ですか?弱い家系ですか?

歯の弱さとは?

最初に記事を進めていく前に、歯の強い弱いについての話をしていきましょう。歯の強さ弱さといっても以下のように分けられると思います。

虫歯のなりやすさ

虫歯のなりやすさが最も多くの人が感じる「歯の強さ弱さ」の基準になるのではないでしょうか。歯が弱い人は虫歯になりやすく、逆に歯が強い人は虫歯になりにくいです。昔から虫歯の治療を繰り返している場合は、何度も歯を削っていることが推測できます。歯は一度削ってしまうと元には戻らないため、治療を重ねるたびに弱くなっていきます。

噛む強さ

食べ物を噛む強さには歯の強さだけでなく、顎を動かすための筋肉も関与しています。つまり、噛む筋肉が弱い人は食べ物に対する租借力が弱いと言い換えられます。食べ物を噛む力や、食事の長さも歯の弱さと感じる人がいるのではないでしょうか。

歯の生えてくる時期

歯が生えてくる時期が他の家庭のお子さんよりも遅い場合は、歯の成長が悪い=歯が弱いと感じることもあるのではないでしょうか。歯が生えてくる時期は、個人差があります。また、近くの歯が斜めに生えているなどが原因となり歯の萌出が遅れることも多いです。

この中でも、虫歯のなりやすさは次のように細分化することができます。

歯並び

歯並びが悪くなると、虫歯や歯周病になりやすいです。虫歯ができやすいと歯が弱くなりやすくなります。

歯質

歯質が弱い人というのはいますが、フッ素を塗ることで歯質を強くできます。

唾液の分泌量

唾液には虫歯や歯周病の原因となる細菌の活動製を抑制させる働きがあります。しかし、唾液の分泌量が減ってしまうと虫歯や歯周病の細菌が活発になり虫歯を続発させてしまうため、歯科医院では唾液の分泌量を検査することもあるのです。

この中で遺伝性のあるものは?

では、本題に戻ります。歯の弱い家系と一言で片付けるのではなく、「歯が弱い」と感じることはこれくらいあることがわかりました。
この中で、家族集積を示す=遺伝的要因が大きいものにはどのようなものがあるのでしょうか。
ズバリ!歯並びです。
歯科業界のみならず、豆知識が好きな方の中には知っている人もいるのではないでしょうか。「受け口は遺伝する」ということを。
受け口とは、上顎よりも下顎が前方へ突出している状態です。ヨーロッパでは、中世にハプスブルク家という一族で受け口が遺伝していることが有名でした。中でも、ひどい受け口で歯が噛み合っていないかったため、食事をすることさえも困難だったという逸話があるほどです。

遺伝だけではない?「歯の弱い家系」の正解は?

歯の強さは遺伝だけでなく、お子さんの時代に正しい歯磨きの方法を指導できているか・食事のバランスが正しいか・おやつを与える時間が一定かなどお子さんを育てていく養育環境によってもお子さんの歯の強さが変わってきます。

つまり、歯が弱い家系というのは遺伝的に受け口になっている一族に限局されることが多く、そのほかは歯科医料に関する正しい知識を持っているか否かということになります。昔は、歯磨きの仕方だけでなく虫歯のメカニズムもよくわかっていなかったので仕方がないことです。しかし、歯磨きの方法や虫歯のメカニズムも明らかになったいまとなれば、歯が弱いという人は少なくなるのではないでしょうか。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

おすすめの介護施設・老人ホームPR


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop