老人ホーム・介護施設を探すなら
介護うつにならないために注意しておきたいこと お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

高齢者は歯科医院へかからない!?心理的な要因か?

最終更新日2019年06月28日16:56

高齢者の中でも男性と女性を比較すると女性の方が病院など医療機関に受診する率が高いです。しかし、男性の方は医療機関を受診したがらない傾向が強いといわれています。では、なぜ男女で医療機関に受診する意欲に差が出てきてしまうのでしょうか。今回は、歯科医院へ通いたがらない高齢者について紹介していきます。

心理的に行きたくない

高齢者の多くは物理的に歯科医院へ行けない訳という人は少ないです。物理的に歯科医院へ通えないという人は田舎など車社会の中で免許証の返納をしてしまった人ではないでしょうか。主に、心理的要因が大きく、歯科医院へ通う気にならないのです。では、実際にどのような理由で歯科医院へ行きたくないのでしょうか。

面倒臭さ

高齢者の方は歯の大切さを理解してはいるものの、歯科治療や歯の定期検診へ通うことへ面倒臭さを感じていることが多いです。目に見えないところの治療なのでその気持ちはわかりますが、歯科医院での定期検診はしっかりと結果が出ることでも有名なのでぜひ通って欲しいと感じます。

家族へ頼みたくない

前述でも紹介した免許証を返納した場合は、家族など近親者によって歯科医院へ送り迎えをしてもらう必要があります。そこで、家族の都合も見ながら予約をしなければいけません。家族へ送迎をお願いすることが嫌だ・面倒臭いと感じている方は家族の送迎が困難になるため、心理的に歯科医院へいけなくなってしまいます。

身体の自由

高齢者になると膝や肘など関節が痛くなることがあります。関節の痛みが強くなれば自ずと外出したい欲が低くなり、結果的に歯科医院からも足が遠のいてしまうことは想像するに難しくありません。

歯科医院へ通わせるには?

では、歯科医院へ通うことに対してマイナス思考を持っている高齢者に対してどのようなアプローチをしていけば歯科医院へ通ってくれるのでしょうか。また、どのようなアプローチをすれば訪問歯科診療などを利用したいと思うのか考えてみました。

歯科治療の重要性を説明

歯科治療をなぜ受けなければいけないのか説明をしましょう。そして、歯科治療を受けないと生活でこんな苦労をする、食べ物が食べられないなどと説明すると嫌でも通ってくれるかもしれません。また、近年では訪問歯科診療も増えていることを説明すれば、自分で通う必要がないので受診しようと思ってくれる可能性が高くなります。

命に関わることがある説明

歯科治療をするだけでなく、口腔ケアも歯科スタッフから受けられることを説明するのと同時に、口腔ケアをすると誤嚥性肺炎の発症リスクを大幅に減少することができる旨を伝えましょう。誤嚥性肺炎は最悪、命の危険を呼ぶ病気です。このことも合わせて説明することで、家族に心配をかけてはいけないという思いが家族に芽生えるかもしれません。

受診することもメリット

歯科治療を受診すると、どのようなメリットがあるかを具体的に説明するようにしましょう。歯科治療を受けると、入れ歯やブリッジなど歯を補うだけでなく口腔ケアを実践することもできます。
患者さんにとってだけでなく、家族にとっても口腔機能の維持は重要であることを説明すると家族も歯科治療に同意してくれるかもしれません。

家族と同じ歯科医院を利用するなど工夫をする

高齢者の方だけ違う歯科医院で、他の家族は別の歯科医院をかかりつけ医として利用していると、高齢者の方だけ通院するのが大変になってしまいます。そこで、家族と同じ歯科医院に通うことも一つの手ではないでしょうか。同じ歯科医院であれば、通院するにも負担が少ないですし、訪問診療として利用するにも歯科スタッフとの関係性を築く負担を少なくできます。みなさんの家族が歯科医院を受診したくないといった場合もぜひ創意工夫して解決策を探してみませんか?

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop