老人ホーム・介護施設を探すなら
介護うつにならないために注意しておきたいこと お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

老人性うつを予防するために家庭でできること

最終更新日2019年05月01日16:56

身の回りに「頭痛」、「しびれ」、「肩こり」などの体調不良を訴えている高齢者の方はいないでしょうか?もしかしたら、老人性うつになっている場合が考えられます。他にもうつ病特有の「元気がない」「ぼーっとしている」などの症状も見られ、様子がおかしい場合は注意が必要です。老人性うつを見逃して、放っておくと最悪、自殺してしまう可能性もあるので、早期発見、診察が必要です。大切な人が老人性うつにならないように家庭で予防することも重要であり、今回は老人性うつを家庭で予防する方法を紹介していきましょう。

予防するために個人が心がけておきたいこと

老人性うつを予防するためには家族や友達とコミュニケーションを継続させることです。気分転換に外で働きに出ることも予防することにつながります。散歩を趣味にして生きがいを持つことで心と体のバランスが崩れることはありません。自分で夢中になれる趣味をみつけると生きがいがうまれ老人性うつとはほど遠い生活を送ることができます。

できるだけ日光を浴びる生活を心がける

体が思うように動かなくなり家に閉じこもってしまう高齢者の方は多いです。若い時は朝から外で遊んでいましたが、年齢を重ねることでだんだん外に出ることは少なくなります。実は、外出しないことが老人性うつになってしまうこともあるので注意しておきたいところです。
人間は太陽の光を浴びることでビタミン D を生成します。人間の感情を安定させたり、行動を起こしたりすることに必要なエネルギーにビタミン D は大きく関係しています。太陽光を浴びないと、ビタミン D の生成量は減り、体の内部から湧き出る力がなくなってしまいます。高齢者が「老人性うつ」を発症してしまう場合は、普段の生活に問題があり、若い時のように積極的に外で行動することが重要なのです。

規則正しい生活を心がける

老人性うつの予防では規則正しい生活を送ることが大切です。不規則な生活を送り、体調不良を起こした場合には「若い時は病気にかからなかった」など、現在の自分と若い時の自分を比べて、病気がちになったと考えてしまいます。気が落ち込むことで老人性うつになってしまう可能性も。規則正しい生活を送り、散歩をして自分の生活リズムを作ることで、きちんとした生活を送ることで老人性うつの予防ができます。

積極的に誰かとコミュニケーションをとる

一人で悩みこんでしまうと、 気持ちが塞がり、精神的に追い込まれて老人性うつになってしまうことがあります。一人で生活せずに、毎日家族や友達と コミュニケーションを積極的に行うようにしましょう。 コミュニケーションをとることで自分が必要であると認識することで、相手も自分も笑顔を作ることで幸せを感じられるようになると、毎日が楽しくなり生きがいを見つけられることで予防につながります。

家族ができるケア

老人性うつにならないためにはデイサービスに通わせて、プロの力を借りることもできます。しかし利用するにはお金がかかるため、家族で老人性うつにならないための予防で、何ができるのかを紹介していきます。

コミュニケーションは頻繁に

若い頃は積極的に話をすることが負担にはならない方でも、年を重ねることでコミュニケーションをとることが面倒だと変化がある方も見えます。人と接することが苦手な場合、たくさんの人で集まって騒ぐより、一人で過ごすことの方が多いと思います。しかし、孤独感を感じることで閉塞的になり、老人性うつになってしまう方は増えています。家族の方から積極的に高齢者とコミュニケーションをとるように心がけ、「一人ではない」「いつも気にしている」と思わせることが、老人性うつの予防につながります。

介護などによる罪悪感の配慮を

年齢を重ねることで体が思うように動かず、家族の方が高齢者の介護をする必要が出てきます。高齢者は家族の方に介護をしてもらうことで罪悪感を感じ、悩むことで老人性うつを発症してしまうこともあります。家族の方は積極的に高齢者の介護を行い、介護を行っている間は笑顔を絶やさないようにすれば、高齢者の方も安心して介護を任せることができます。高齢者の方に「悪い」「不安」だと思わせない心の通った介護が老人性うつの予防に大切です。

環境の変化には要注意

定年退職をしたり、配偶者の方が亡くなったりする場合など、今までと環境の変化が怒った場合は老人性うつにならないように注意が必要です。今まで没頭してきたことが急になくなることで喪失感を感じたり、いつも一緒にいる人と会えなくなったりと孤独感を管理させないように家族の方は高齢者を一人でいる時間をなくしましょう。家族の趣味に高齢者を誘い何か改めて熱中できることを探してあげることが大切です。自分が高齢者を巻き込むことで老人性うつになることを予防することができるのです。

まとめ

規則正しい生活を送り、太陽の光を浴びながら散歩をすることでやる気が満ち溢れることで、毎日気力を出すことが大切です。老人性うつの予防にもなり、家の中を一人で行動していても元気は出てきません。家族の方も高齢者と一緒に外に出て楽しい趣味を探してあげましょう。外に出ることで老人性うつとは関係のない生活を送ることができます。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop