老人ホーム・介護施設を探すなら
介護現場の事故 お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

介護におけるネグレクトの問題とは?

最終更新日2019年06月28日16:33

ネグレクトと聞くと子供の育児放棄を思い浮かべる方も多いと思います。ですが、最近では高齢化によって介護が必要な高齢者が増加するとともに、介護ネグレクトという問題が浮上しています。介護におけるネグレクトとは、一体どのようなものなのでしょうか?

介護におけるネグレクトとは?

ネグレクトは、無視したり、ないがしろにしたりするという意味です。介護におけるネグレクトとは、介護される要介護者が必要としている介護を行わずに放置することをいいます。

例えば、体が不自由で自分ではなかなか動くことができない要介護者に対し、体が汚れているのに長期に渡って入浴をさせないなどです。十分な食事を与えず低栄養状態にさせていたり、長時間なんの介護もせずにそのまま放置したりすることもネグレクトに当たります。また、必要としているものを取り上げる、介護者以外の人からの虐待行為を受けているにもかかわらず、見て見ぬふりをするといったものも、ネグレクトに該当するのです。

介護ネグレクトに当たるケースでも、介護者がわざとやっている場合と気が付かずに介護ネグレクトになってしまっている場合の2つがあります。わざと介護ネグレクトをしている場合は論外ですが、十分に食事を与えたくても金銭的、経済的な理由で食事を与えられない時には、気が付かずに介護ネグレクトになってしまっていることも。介護者が認知症で食事を与えたかどうか覚えておけず、低栄養失調にさせてしまっている場合も、介護ネグレクトになってしまうのです。

ネグレクトが起こる原因

在宅介護でネグレクトが起こるケースでは、介護者が日ごろ介護などで感じるストレスを上手く発散できず自分の中にため込んでしまっているという要因が考えられます。悩みを相談できる人が周囲にいなかったり、介護ストレスを一人で抱え込んだりするケースが多いそうです。介護は実に大変なものですが、本当の辛さや大変さは介護を実際に行った人にしか理解できません。介護者が誰にも相談できずに、どんどん世間から孤立していってしまうと、肉体的にも精神的にも追い詰められてしまいます。自分ではどうにもできないまま、最終的に介護ネグレクトという形で現れてしまうのです。

特に在宅介護で要介護者が認知症である場合は、介護している家族が徐々にネグレクト化して要介護者が死に至るケースが多くあります。認知症の人の介護をしていると、最初は献身的に介護をしていたとしても日常的に暴言を吐かれたり、暴力を受けたりすることがあります。健常者が理解できないようなことを繰り返されるうちに、徐々に介護者も精神的に追い詰められ、虐待やネグレクトが深刻化してしまうのです。

また、介護ネグレクトは在宅介護をしている家族だけに起こることではなく、介護施設に入居している高齢者が介護職員からネグレクトを受けることもあります。この場合の主な原因は、介護職員が介護によって大きなストレスを溜めていたり、職場の環境や待遇への不満があったりする場合だそうです。

一人で抱え込まずに相談しよう

介護はその相手に対しての責任もありますし、在宅介護をしていると介護者が疲れていたり、体調が悪かったりした場合でも、なかなかゆっくり休憩することができません。要介護者が認知症である場合、日常的に理不尽なことをされたり、何度も同じことばかりを聞かれたりしていると、家族であるがゆえに非常にストレスが溜まってしまいます。介護者に精神的、肉体的なゆとりがあれば、要介護者とのコミュニケーションを上手くとることもできます。ですが、介護者が追い詰められていたり、悩んでいたりすると現実から目を背けたくなってしまうのです。要介護者の世話をしなくなったり、話しかけられても無視したりして、結果的に介護ネグレクトに陥ってしまいます。

このような介護ネグレクトの対策としては、介護者が一人で悩みを抱え込まずに周りの人に早い段階で相談することができる環境を作ることです。家族がいるなら介護者は自分の悩みを家族に相談して、介護の仕事を分担してもらうようにしましょう。また、介護を手伝ってもらえる家族がいない場合は、地域包括支援センターなどに相談して専門のサポートやサービスを受けられるようにしてもらうことも大切です。

要介護者に適切な介護を受ける権利があるように、介護者にも自分の時間を持ったり、心のゆとりを確保して生活したりする権利があります。介護者は精神的、肉体的なストレスから介護うつになりやすく、この症状が介護ネグレクトを誘発していることも考えられます。周囲の人も要介護者が介護ネグレクトになっているかもと思った場合には、放置せずに介護者の悩みを聞いてあげるようにしましょう。また、地域包括支援センターなどに相談すると解決方法を一緒に考えてもらえます。介護者を温かくサポートしてあげるよう心がけてください。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

おすすめの介護施設・老人ホームPR


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop