老人ホーム・介護施設を探すなら
介護現場の事故 お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

要介護レベルで介護はどのように変わる?それぞれの目安

最終更新日2019年05月01日17:04

介護保険の適用は、介護レベルがいくつか分けられています。具体的には、大きく分けると要支援と要介護の2種類です。そして、要支援では2段階、要介護では5段階に分かれており、必要な状態に該当する段階に区別されます。

もっとも、どの段階に該当するのかについては、身体の状態や生活環境、主治医の意見書の内容、審査会での考慮により具体的にそれぞれ決定されるのが現状です。そのため、それぞれの基準については、あくまで目安として参考にするだけになる点については留意する必要があります。
ただ、それぞれの該当段階において、介護保険で受けられるサービスや金額が異なってくるのが特徴です。どの段階に該当するのかを予測するために、それぞれの大まかな基準を知りたい場合も多いと思います。
今回は、要支援要介護のそれぞれの段階について、どのような基準が定められているのか、また、それぞれのレベルに応じてどのような介護が必要になるのか、具体的にみていきましょう。

要支援1~2に必要な介護

要支援1のレベル

このレベルでは、居室の掃除や身の回りの世話などの一部について、何らかの介助を必要とする場合を指します。介助は、見守りや手助けです。

また、立ち上がるときや片足で立っていることは何らかの支えがないと難しい場合を指しています。
ただし、トイレや食事はほとんど自分ひとりでできるような状態です。

要支援2のレベル

このレベルでは、身だしなみをするときや居室の掃除をする際に、何らかの介助が必要します。こちらの場合も立ち上がるときや片足で立っているには何らかの支えを必要とするだけでなく、歩行や両足で立って移動する場合などにも何らかの支えが必要なレベルが該当しているのです。

一方で、トイレや食事はほとんど自分ひとりでできる状態を指します。
要支援1よりも要支援2の方が、より介助などを必要とするレベルは高いです。

これらに該当する場合は、予防給付として、支援を受けることができます。たとえば、訪問介護として、入浴設備の入浴車を利用できたり、訪問のリハビリを受けたりすることができるのです。そして、一定の福祉用具のレンタルも可能。

要介護1~2に必要な介護

次に要介護1と2はどのような状態が該当するのでしょうか。

要介護1

このレベルでは、要支援2とほとんど変わりません。身だしなみや居室の掃除などに何らかの介助が必要で、立ち上がりや片足で立ち続けること、歩行などについて何らかの支えが必要でも、トイレや食事はほとんどひとりでできる状態です。
しかし、異なる点は混乱や理解低下がみられるという部分になります。

要介護2

このレベルは、身だしなみや居室の掃除、歩行などに支えがいること、混乱や理解低下がみられる部分は、要介護1と同様の基準です。
他方、トイレや食事についても、何らかの介助が必要になることがあるという点で異なります。
これらの場合も要介護1よりも要介護2の方が介護を必要とする部分が大きくなっていることが分かります。

手すりやスロープなどの設置などについては、介護保険のサービスを受けられますが、要介護1の場合は、車椅子のレンタルなどについてはサービスを受けることができません。要介護2のレベルからになっています。

要介護3~4に必要な介護

では、要介護3と4についてみていきましょう。

要介護3

このレベルでは、身だしなみや居室の掃除などをひとりですることができない状態を指します。さらに、立ち上がることや片足で立ち続けることもひとりではできません。
しかし、歩行や両足で立つということが、自分でできる場合もあります。トイレは自分ですることができません。
そして、いくつかの不安行動や全般的な理解の低下がみられるレベルです。

要介護4

このレベルの場合は、身だしなみや居室の掃除など身の回りのことをほとんどできない状態を指します。さらに、立ち上がることや片足で立ち続けることなどの複雑な動作がひとりではできません。
歩くことや両足で立って移動することもひとりではできず、トイレもほとんどできず、多くの不安行動や全般的な理解の低下がみられることがある状態です。

要介護の場合は、介護給付として、保険の適用を受けることができます。訪問介護や通所介護、介護老人福祉施設の入所など、介護の状態や家族の希望などによって、ケアプランが作成されるのです。

要介護5に必要な介護

このレベルの場合は、身だしなみや居室の掃除など身の回りの世話ができないこと、立ち上がりや片足で立ち続けることなどの複雑な動作ができないだけでなく、歩行や両足での移動もできない状態を指します。
さらに、トイレや食事もできないことや多くの不安行動や全般的な理解の低下がみられる場合です。

介護レベルで受けられるサービスが異なる

介護レベルは、サービスを受ける人の状態によって判断されます。判断の基準はありますが、あくまでも身体の状態や生活環境、主治医の意見書、審査会の考慮などによって異なることもあります。

介護レベルにおいて、受けられるサービスも異なってきます。それゆえ、介護レベルを軽めに判断されてしまうことは避けることが必要です。
ご家族としては、認定にあたっての調査の際には、どんなことが困っているのか、普段の介護内容についてきちんと伝えて判断してもらいましょう。毎日の介護について、きちんとメモを取るようにしておくことで、介護状況をより明確に伝えることが可能です。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop