0%

老人ホーム・介護施設を探すなら

入居相談窓口 受付時間9:00~19:00

0120-907-393

家族の介護をしていると、介護保険や医療保険の使い方について疑問を持つことも多いですよね。これらの保険には、どのような違いがあるのでしょうか?また、どのような時にどちらを使うといった決まりはあるのでしょうか?

介護保険と医療保険の違いは?

介護保険も医療保険も公的な保険制度ですが、どのような違いがあるのでしょうか?分かりやすく解説していきます。

どんな人が入る保険なの?

医療保険は、全ての国民の加入が義務付けされているものです。赤ちゃんからお年寄りまで全ての国民が加入している保険となります。企業に勤めている人やその扶養家族であれば社会保険、公務員の方なら共済組合、自営業の方なら国民健康保険というようにいろいろな種類があります。一方、介護保険というのは40歳以上で介護が必要となった人のみを対象にした保険制度であることが大きな違いです。介護が必要となった人が介護施設を利用したり、介護サービスを受けたりする場合に使える保険となります。

認定の必要性の有無

医療保険という制度は、国民誰もが医療費に圧迫されずに、安心して十分な医療を受けることができるように作られた制度です。このため、誰でもケガや病気をした際には、保険証を持って行けば医療機関を安心して利用することができます。通院だけでなく入院などの医療サービスも受けることもできますし、特別な認定は不要です。一方、介護保険というのは介護が必要となった40歳以上の人に限定されている保険で、かつ介護が必要であるかどうかは、個別に国から認定してもらう必要があります。

サービスの違い

医療保険は、国民の誰もが一度が利用したことがある医療サービスが主となります。ケガや病気の時、各種医療機関で治療というサービスを受けたり、入院したりする時も保険を活用できます。国民全員の加入が義務付けされているので、医療保険制度に加入していないという人以外は、誰もがこのような医療サービスを利用することができます。一方介護保険は、介護が必要になった人が介護施設でリハビリを受けたり、ケアマネージャーに介護相談を受けたり、自宅での訪問介護をしてもらう時に必要となる保険です。医療サービスではなく、介護サービスを受ける場合に利用するのが介護保険になります。

自己負担割合の違い

介護保険でも医療保険でも、費用の一定割合は自己負担額として支払う必要があります。医療保険の場合は、原則としてかかる費用の3割が自己負担額となります。病院の窓口などで請求される額が、この3割の自己負担金額です。一方、介護保険の自己負担額は原則1割となっています。医療保険が3割、介護保険が1割負担だとすると、介護保険を利用した方が利用者としては得なのではないかと考えてしまいますよね。しかし、介護保険は1か月ごとの上限額が決められており、その上限額を超過した金額については全額自己負担となるので、10割負担することになってしまいます。このため、医療保険と介護保険を上手に使いわけなければ、多額の自己負担額を請求されることになるのです。

医療保険と介護保険のどちらを優先させる?

医療保険と介護保険の違いは理解できましたね。しかし、持病があり、かつ介護が必要な人がサービスを受ける場合、医療保険と介護保険のどちらを優先して利用するのかわからないという人も多いと思います。医療保険と介護保険のどちらを優先して利用していけば良いのでしょうか?

訪問介護の場合

自宅で訪問介護サービスを受ける場合、医療保険と介護保険のどちらが優先されるのかというのは、分かりにくいですよね。被介護者が疾病や難病にかかっているかということと、医師による訪問介護指示書があるかということで判断する必要があります。疾病や難病というのは厚生労働大臣が定めるもので、末期の悪性腫瘍や多発性硬化症、重症筋無力症、進行性筋ジストロフィー症などが該当します。また、パーキンソンン病関連疾患、後天性免疫不全症候群、人工呼吸器を使用している場合も難病と認定されます。これら厚生労働大臣が定める疾病等にかかっている人が、医師による訪問看護の必要性が認められていた場合、訪問介護サービスを受けることもありますよね。この時、介護保険の利用者であっても、医療保険を優先させた訪問看護として判断されます。医療保険による訪問看護は、週4回以上の訪問と2か所以上の訪問看護ステーションの利用が可能です。一日の利用回数に制限はありませんが、加算費用がかかってきます。また、自己負担割合が介護保険よりも高い医療保険を適用することで、自己負担額が3割となってしまいます。

リハビリの場合

リハビリを受ける場合、リハビリの目的が病気の治療や回復である場合は、医療保険が優先されます。このため、骨折による機能回復のためのリハビリは、医療保険が適用されますが、今の身体機能を維持するために行われるリハビリについては、介護保険が適用されます。

介護保険の認定はどうなる?

介護保険を利用するためには、国による介護認定が必要になってきます。介護保険は40歳以上で介護が必要と認められることが条件となっていますので、40歳未満の人は無条件に対象外になります。65歳以上の人は介護が必要になった場合、要介護認定を受けることができます。しかし、40歳から64歳までの人は介護が必要な場合であっても、厚生労働大臣が定める16の特定疾患でない限り、要介護認定を受けることができませんので注意が必要です。

弊社担当者のご紹介

田中 晴基

(介護施設スペシャリスト)

おすすめの介護施設・老人ホーム

東京都>練馬区

ライフコミューン豊島園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
18.6223.62万円
施設詳細

東京都>葛飾区

ライフコミューン亀有

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
19.4646.96万円
施設詳細

東京都>板橋区

ライフコミューン上板橋

介護付有料老人ホーム

初期費用
0720万円
月額費用
19.5629.56万円
施設詳細

東京都>葛飾区

ライフコミューン新小岩

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
17.8425.96万円
施設詳細

東京都>江戸川区

ライフコミューン西葛西

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
18.9643.98万円
施設詳細

東京都>練馬区

ライフコミューン石神井公園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0576万円
月額費用
17.3447.58万円
施設詳細

東京都>新宿区

株式会社 木下の介護 リアンレーヴ高田馬場

介護付有料老人ホーム

初期費用
0684万円
月額費用
19.98558.78万円
施設詳細

東京都>江戸川区

リアンレーヴ江戸川

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
20.9625.96万円
施設詳細

東京都>江戸川区

木下の介護 リアンレーヴ西葛西

介護付有料老人ホーム

初期費用
0281.6万円
月額費用
21.5328.15万円
施設詳細

東京都>練馬区

リアンレーヴ大泉学園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0720万円
月額費用
19.9629.96万円
施設詳細

東京都>板橋区

リアンレーヴ板橋蓮根

介護付有料老人ホーム

初期費用
0480万円
月額費用
18.4626.46万円
施設詳細

東京都>板橋区

応援家族 成増

介護付有料老人ホーム

初期費用
0720万円
月額費用
19.5429.54万円
施設詳細

東京都>足立区

応援家族足立

介護付有料老人ホーム

初期費用
0576万円
月額費用
14.09622.096万円
施設詳細

東京都>江東区

応援家族 東京ベイ潮見

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
19.92948.038万円
施設詳細

東京都>杉並区

ライフコミューン杉並松庵

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
24.7649.68万円
施設詳細

東京都>大田区

リアンレーヴ大森

介護付有料老人ホーム

初期費用
0300万円
月額費用
23.3428.35万円
施設詳細

東京都>小平市

ライフコミューン一橋学園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
22.9649.98万円
施設詳細

東京都>三鷹市

ライフコミューン深大寺

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
19.7245.66万円
施設詳細

東京都>立川市

応援家族 昭和記念公園

介護付有料老人ホーム

初期費用
0960万円
月額費用
20.53838.901万円
施設詳細

東京都>目黒区

リアンレーヴ八雲

介護付有料老人ホーム

初期費用
0880万円
月額費用
32.4173.36万円
施設詳細

掲載物件数40,229
2020/08/15/現在