老人ホーム・介護施設を探すなら
介護現場の事故 お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

介護うつになるとどうなるの?どんな病気?

最終更新日2019年07月09日13:05

毎日ほぼ休みなく続く介護生活。こんな日々がいつまで続くのだろう……と、肉体的にも精神的にも疲れ切ってしまい、うつ状態に陥る介護者は少なくありません。介護疲れのストレスから追い込まれる「介護うつ」は、介護をしている人すべてに発症の可能性があります。介護うつによって出てくる症状、予想されるトラブルについて考察します。

食欲不振が続き、栄養不足に

介護うつの症状で顕著なのが、食欲不振です。食べることに興味がなくなり、食欲がなくなってしまうのです。それでも、栄養を取るために義務感から無理に食べている人もいます。義務的に食べることはできても、食べることを楽しめないため、おいしく味を感じられません。何を食べても砂をかんでいるように感じるとも。

食欲不振が長期にわたると、栄養不足となり体の機能が低下してしまいます。元気に行動するために必要なエネルギーや筋肉、皮膚や内臓などのもとであるたんぱく質が足りない状態です。免疫力が落ち、風邪をひきやすくなったり、傷が治らなくなったりと体の各部分に影響を及ぼします。

介護うつの影響で、食欲不振ではなく過食状態になる人もいます。食べても食べても満腹感を得られない症状です。過食も長期にわたると栄養が偏り、極端に太るなど生活習慣病につながるおそれも。

睡眠障害による免疫低下

上手く眠ることができない睡眠障害も、うつ病の典型的な症状のひとつです。症状はよく眠れない不眠症状がそのほとんどをしめますが、いくら眠っても疲れがとれない過眠という症状で現われることもあります。

不眠は次の4種類に大別されます。

入眠障害

眠りにつくまで時間がかかり、なかなか眠れない

中途覚醒

夜中に何度も起きてしまう

早朝覚醒

夜明け前、朝早く目が覚めてしまう

熟眠障害

眠った気がしない、眠りが浅い

睡眠不足のため、体や脳が休めない状態が続くことになります。その結果、1日=24時間という体内のリズムが崩壊するのです。元気が出るはずの朝もだるく、体が重いため仕事や家事などやるべきことがはかどりません。セロトニンなど脳内ホルモンが活性化せず、集中力が低下してミスも多くなります。

睡眠によってうながされる免疫細胞の活動も停滞。当然ですが、免疫力も低下するため、感染や病気のリスクも高まる結果になります。

疲労感・倦怠感

睡眠不足や栄養不足などの影響は、日常的な体のだるさ、しんどさや疲れとして現れます。
日常の何気ない作業や動作すら、おっくうで面倒に感じるようになるのです。朝起きて歯を磨くこと、着替えることなど、少しの動作で疲れてしまうのがうつ病の症状。

心身ともに健康な人は、肉体的・精神的ストレスにさらされても、ある程度自分でバランスをとって生きています。いったんうつ状態に陥ると、こういったバランスが機能しなくなります。意欲の低下が著しく、周囲からはなまけているようにみえるのです。そのため、周囲からはどんどん孤立を深めることにつながり、さらにうつ症状が悪化してしまいます。

うつの症状が出る前に比べ、すべてのことに興味や関心を持てなくなる傾向も。物事への興味、喜びがなくなってしまうのです。趣味を楽しむことはもちろん、外出することや化粧など、日常的に行っていたこともしなくなります。

不安感や焦燥感が行動にも

不安感がいつもついて回り、焦っていらいらすることを止められません。じっとしていられずに、ひとところ静かに座っていることができなくなり、足を踏んで鳴らしたり、手首をブラブラと回したり、皮膚や服を必要以上にこすったり、引っ張ったり。抑えられない不安は、落ち着きのない行動に現れます。

気持ちや、やる気だけが空回りし、段取りができなくなくなります。さらに会話をしていても、相手の意図をくみ取れず、一方的に自分の話ばかりしてしまいます。些細なことでかっとなり、周囲への八つ当たりも見られるようになります。うつ病になると、周りとのコミュニケーションを取るのが難しくなってしまうのです。

のちのち、「なぜ八つ当たりをしてしまったのだろう」と自責の念にかられ、また自分を責めてしまうのもうつの症状。周囲と上手くいかずに自分を責める……がくりかえされ、また症状が重くなるという悪循環が生じていきます。

自己否定、思考障害が自殺願望へ

嫌な出来事に直面すると、つらく、落ち込むのは当たり前のこと。けれどもうつ病になると、つらい気持ちにずっと続き、何も手につかなくなる抑うつ状態に陥ります。

うつ病に陥った結果、できなくなる事柄が増えることもあって、「なぜ自分はこんなに何もできないのだろう。こんな自分で申し訳ない」というゆがんだ気持ちに支配されていくのです。自らを肯定できずに、過剰に自分を責め続けてしまいます。「私のような人間が生きていても仕方がない」というネガティブな感情によって、自殺願望が芽生え、絶望感に苦しめられるのもうつ病の特徴です。いつでも自分が悪いのだということが頭から離れず、極端な妄想症状が出てくることもあります。

1人で抱えすぎない

うつ病は精神的なストレス、体に蓄積した慢性疲労が一因ともいわれます。一度うつ症状が出てしまうと、治療には長い時間を要します。症状が深刻化する前に手を打っておいたほうがいいでしょう。

介護することがうつにつながっている場合、介護そのものをやめることは難しいかもしれません。介護の問題を1人で悩まず、誰かに相談するなど適度なガス抜きも考えましょう。また介護サービスを利用するなどして、自分なりのストレス解消法、リラックスの時間を設けてみることをおすすめします。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop