日本という国で生活してみて、何か感じることはありますか?医療や・年金が心配など予知できないことに不安を覚える人はたくさんいるのではないでしょうか。しかし、確実に言えることがあります。それは「日本の医療技術は素晴らしい」ということです。この言葉だけを聞いても一体、日本の何が素晴らしいのかわからない方がいると思うので、データをもとに日本の歯科の素晴らしさをお伝えしたいと思います。

日本における高齢化に対する歯科的アプローチ

日本はこれから高齢化社会へと歩みを進めていきます。もちろん、国としても高齢化社会に向けて何かしら対策をしなければいけないと思っていて、歯科分野でも高齢化に入る前にできる対策をしようと様々な措置をおこなっています。
例えば8020運動です。日本歯科医師会が主導となり進めているプロジェクトで、80歳になったときに自分の歯を20本以上持っていようという運動です。実際に、この運動が功を奏して、生涯にわたり自分の歯で生活できている高齢者は増えました。

また、日本は予防歯科に力を入れ始めたことでも有名です。予防歯科とは、虫歯になりにくいよう、歯を強くするフッ素を塗る・歯についている歯石をとるなどの予防処置を通じて虫歯や歯周病を予防することをいいます。予防歯科は小児歯科において有効とされてきましたが、高齢者にも有効で歯を残すことだけでなく、口腔ケアにも繋がっていました。

諸外国の歯科事情

では、日本以外の諸外国では歯科治療・歯科を取り巻く環境はどのようになっているのでしょうか。結論からいえば諸外国の中でも日本の歯科医療のレベルは高いということができます。
諸外国といっても幅が広いです。最初は、発展途上国についてみていきましょう。発展途上国は国民に対して歯科知識の教育が行き届いていません。そのため、予防歯科以前に国民が歯磨きをする習慣がついていないのです。また、発展途上国では電気が安定して供給されているとも限りません。そのため、歯科治療で使用する器具を使うこともままならず、発展途上国は、歯科治療や歯を残すことを目的に行う予防歯科よりも、歯磨きの習慣づけが優先させています。

では、発展途上国ではなく俗にいう先進国ではどうでしょうか。先進国の中でも、アメリカ・ドイツ・ニュージーランドで比較してみましょう。アメリカは日本に歯科医学を伝えた歯科先進国でした。日本の歯科治療はアメリカの後追いをしてきたといっても過言ではありません。そんなアメリカでは、80歳の高齢者で自分の歯が残っている本数は15本と、日本の目標値よりも少なくなっています。ドイツやニュージーランドにおける総入れ歯の割合は日本の倍以上を示しています。

このデータからわかることは、日本に比べて先進国と呼ばれる諸外国では歯科治療を十分に受けられていないということがわかります。

日本は国民皆保険制度

諸外国と日本でなぜここまでの差が出てしまったのでしょうか。それは、国民皆保険制度が日本で整っていることが関係しています。国民皆保険のおかげで、医療を受ける場合は窓口で総費用の3割を負担すれば済みます。

アメリカでは、歯科治療が自費診療になるため低所得の人は治療が受けられません。一方、ドイツやニュージーランドでは医療保険制度が整っているのにも関わらず、歯科を取り巻く環境が良いとはいえません。これは、国民一人ひとりの歯科に関する関心度が関係しているといえるでしょう。

改めて、日本では国民皆保険制度が整っているため誰でも医療を受けられます。高齢者では、要介護度などに応じて医療保険ではなく、介護保険を使用して予防措置を受けることも可能です。