老人ホーム・介護施設を探すなら
介護現場の事故 お急ぎ相談フォーム
入居相談窓口 受付時間 9:00~19:00
フリーコール0120-907-393

70~80代の高齢者におすすめのファンデーション

芸人のススメ!高齢者の笑いは「容姿や体の衰え」笑って元気に!

最終更新日2019年03月21日12:37

化性療法は介護や医療現場でも取り入れられている療法のひとつです。きれいでありたいという想いは、女性なら誰でも持っているでしょう。ただ、年齢を重ねると体力も減り、外へ出るのも面倒になります。外出しなければ、人とコミュニケーションを取ることが減るのも当然です。

化粧やおしゃれをする機会が減り、見た目に無頓着となります。そうなると、体だけではなく心まで老け込んでしまうでしょう。それでは、よくありません。化粧療法は化粧を通じ、体と心の若さを取り戻すことが期待できます。近年は、化粧品もさまざま出ています。ファンデーションもどれが本当によいか分からず、結局、購入しないとなればもったいないです。

母親や祖父母などに化粧をして元気になってもらいたいと思っても、男性ならどんなファンデーションを選べばよいか分からないでしょう。そんな方に、70代から80代の高齢者におすすめしたいファンデーションをご紹介します。

選ぶ時のポイント

ファンデーションを選ぶ時には、肌と相談して決めるのがポイントです。また、自分が理想となる仕上がりを明確に持っておくことが大切でしょう。高齢の場合、どうしても若年層より乾燥肌の傾向にあります。皮膚の保湿力を維持するための汗や皮脂の分泌量が極端に減少しているからです。

このことを踏まえて考えると、ファンデーションはリキッドタイプが選択肢の有力候補となります。リキッドタイプは液体状なため保湿力に優れていることが強みです。クリームファンデーションや粉状のパウダーファンデーションもありますが、含まれるパウダー成分の影響があることは無視できません。乾燥肌だと仕上がりが粉っぽくなる可能性があるので注意が必要です。

また、ファンデーションで十分ではない肌部分は、コンシーラーで補助しましょう。たるみや、しみ、くま、そばかすやほほのくぼみなど、気になる部分に使用してください。リキッドファンデーションは好みではない、面倒だという人は、保湿ケアをすることを前提にしてパウダータイプも選択肢に入れてみてください。基本は、自分の肌や理想とする仕上がりに合わせたファンデーションを選ぶことです。

ファンデーションを行う時の注意点

家族が祖父母に化粧をほどこしたい場合もあるでしょう。そのときに、注意したいことがあります。それはシワのことです。老化のシンボルとも言えるシワは、ファンデーションですべて消せば本人は満足できると考えないようにしてください。シワを消すためにファンデーションを塗りたくると、厚化粧にしかなりません。

ファンデーションを塗る時は、顔の中心から外側へ薄く伸ばしていくのが基本です。こうすることで厚化粧にならず、自然で美しい仕上がりが期待できます。また、認知症だと、化粧という行為を正確に認識できずいやがる場合もあるでしょう。その場合「化粧療法はよいこと」と無理やり行うのはよくありません。今後、化粧に対し嫌悪感や恐怖を覚える可能性も否定できないからです。自分ではなく、家族に化粧療法を行う時は要介護者の気持ちを優先するようにしましょう。

おすすめのファンデーション

70歳から80歳の高齢者を対象にした化粧療法では、どんなファンデーションがよいか3つご紹介します。1つ目は『オルビス(ORBIS) パーフェクトUVリキッドファンデーション ナチュラル』です。ローズマリーエキスという植物性保湿成分配合。汗や皮脂と混ざらないことでくすみづらいです。

また、UV-Aプロテクターなど、紫外線対策成分が配合されていることもポイントでしょう。二つ目は『MiMCのミネラルリキッドリー ファンデーション』がおすすめです。5年という時間をかけて開発したMiMC初のリキッドファンデーション。保湿力が低下し、乾燥肌にみずみずしさを取り戻したい人は試してみてください。

厳選された植物美容液エキスを使い、ノンシリコンで、崩れにくく汗にも強いのが魅力です。3つ目は、リキッドファンデーションは苦手という方に『PRIORのBBパウダリー』をおすすめします。美容成分、化粧下地、カラーコントロール、ファンデーション、UVカット効果、5つの機能が特徴のパウダリーです。乾いた肌につやと柔らかさをもたらし、年齢肌の大敵、毛穴、くすみ、シミやこじわをカバーしてくれます。オールシーズン使え、個人差はありますが12時間長持ちの優れものです。

まとめ

70歳から80歳の高齢者だからこそ化粧をして元気になってください。若い頃からずっと使っていたお気に入りのファンデーションもあるかもしれません。ただ、年齢を重ねていくうちに、どうしても、肌には変化が生まれます。高齢になると、どうしても肌の乾燥が目立ってしまうものです。

化粧品は保湿力の高いものを選んだほうがよいでしょう。ただし、個人差がありますし、どうしても嫌なら好みのものを使うのが一番です。自分の肌と相談しながら、どれが一番よいファンデーションか選びましょう。

弊社担当のご紹介田中 晴基(介護施設スペシャリスト)
入社3年目の田中と申します。前職での介護経験を活かしお客様のご希望にマッチングした施設をご提案します。また介護のあらゆる問題をテーマにしたコラムも執筆し幅広く情報発信しています。

おすすめの介護施設・老人ホームPR


介護施設を探す
人気の介護特集 介護保険とは? 親が認知症になったらどうする? 介護うつにならないために注意しておきたいこと 栄養満点!高齢の方が食べやすくておいしいレシピ 老人ホームと費用 老人ホームとケアプラン
施設の探し方ガイド
施設への入居が決まると?お祝い金進呈中
施設掲載ご希望の方は介護こちら

pagetop